ワキガ対策『極』最強デオドラントで悩みを解決!【最新版】

最強デオドラント

このサイトでは、『最強デオドラント』と『肌タイプ別デオドラント』を紹介しています。

今の時代、ワキガで悩む必要はありません。

なぜならば自分に合ったデオドラントが見つかれば、ワキガは無臭にできるからです。
ぜひ、この機会に自分に最適なデオドラントを見つけて、いち早くワキガの悩みから解放されましょう。

ワキガ対策『極』最強デオドラントで悩みを解決!

欧米人

数ある口コミから厳選したおすすめの最強デオドラントは

『海外製』

  • 『デトランスα』
  • 『シークレット』スティックタイプorジェルタイプ

です。

日本製のデオドラントは海外製より有効成分の配合量の規制が厳しいため、どうしても効き目が劣ります。

よって、最強のワキガ対策をしたいなら、デオドラントは日本製ではなく輸入品を選択しましょう!

ほとんどの人がワキガの欧米人のワキガ対策の基本は、

  • 朝シャワー
  • ワキガ専用デオドラントの使用

です。

欧米ではニオうのが当たり前で、ニオイケアは義務という常識。

そのため、欧米で使用されているデオドラントは持続力が高く1度ケアすれば1日~3日間ニオイを抑える効果が持続します。

よって、最強のワキガ対策をしたい人は↓↓↓のデオドラントをおすすめします。

パースピレックスロールオン【デトランスα】

1番のおすすめは、最強のロールオンタイプ制汗剤の海外名『パースピレックス』、日本名『デトランスα』です。

詳しくは以下をクリック↓↓↓運がよければキャンペーン価格で購入できます!

デトランスα 口コミデトランスα(パースピレックス)のタメになる口コミまとめ

シークレット【スティックタイプ】

シークレット(スティックタイプ)シークレット(スティックタイプ)のタメになる口コミまとめ

シークレット【ジェルタイプ】

シークレット(ジェルタイプ)のタメになる口コミまとめ

海外製のデオドラントの特徴は、高い持続力があることです。

より高い持続力を求めて海外製のデオドラントを使用したいと思う人は多いのですが、日本人が使うと肌トラブルを起こしやすいといった難点があります。

実際に使用した人の口コミを見ると、かゆみが出たり炎症が起きたりして、とてもじゃないけれど継続して使えない・・・といったような感想が目につきます。

じゃあ欧米人は平気なの?となりますよね。

厚生労働省の産業医学総合研究所の研究まとめによると、欧米人の皮膚の角質層は日本人よりも厚いという研究結果が出ています。

このことから、欧米人はもともと「日本人よりも肌刺激に強い」ということが言えます。

もし、海外製のデオドラントが自分に合うのであれば、欧米人と同じように効果的なワキガ対策ができるので、迷わず海外製デオドラントを選択しましょう。

日本のクリアネオ・ノアンデなどのデオドラントの場合は、軽度~中度のワキガであれば朝~晩まで持続する効果が期待できますが、重度の場合は平均的に朝~昼過ぎまでしかもたない・・・といったように持続力に劣ります。

重度の人の場合は、1度拭き取って塗りなおす必要があるということです。

反面、肌に優しい成分で作られているので海外製デオドラントのように「肌トラブルで悩む」ことはほぼありません。

  • 脇の拭き過ぎ
  • 自分に合わないデオドラントの使用
  • わき毛の処理

などで肌荒れを起こしてしまうと、肌の免疫力が落ちてワキ臭が増強してしまいます。

クリアネオを塗れば荒れた肌の健康を取り戻せるため「ワキ臭が軽減する」といった利点があります。

このように、ワキガのニオイの強弱・肌質には個人さがあるため、まずは自分に合うデオドラントを見つけることが第一歩です。

通常「ワキガ臭がまったくしない」大人はいませんから。

ワキガ対策に効果的なデオドラント

ワキガ対策にはスプレーやロールオンではなく、無香料のクリームタイプ(ジェルタイプ)をおすすめします。

まず、香料が入っていると、もしワキガ臭と混ざった時に異様なニオイになってしまうため、ぜんぜんおすすめできません。

クリームタイプを使用する理由は、スプレーやロールオンよりも有効成分を長く脇に留めておくことができるからです。

以下に目安をまとめました。

軽度の場合(普通肌)市販で購入可能

デオナチュレ・リフレアなどネットやドラックストアなどの市販で安く購入できるデオドラントがおすすめです。

普通肌で、軽度であれば満足できるワキガ対策ができるでしょう。

軽度~中度の場合(敏感肌)

ネットで購入できるクリアネオノアンデなどのワキガのトータルケアができるデオドラントがおすすめです。

お肌が弱い人でも子供でも使える、安全なワキガクリームです。

皮膚を健やかに保つ成分も配合されているので、ワキの臭いが軽減する効果も期待できます。

ワキガだけではなく全身のニオイの抑臭にも使えます。(粘膜を除く)

クリアネオの詳細は以下の記事を参考にしてください。

クリアネオ 初回クリアネオはこんなワキガクリーム

重度の場合

デトランスαシークレットなどの海外製のデオドラントがおすすめです。

デトランスαは液体です。

ワキガクリームとは違う成分でワキガ臭にアプローチします。

例えるなら、ワキガの原因になる汗が出ないように「ラップする」ような使用感ですね。

シークレットは、スティックのり風の固形タイプ・ワックスのようなジェルタイプがあり安価で購入できます。

ただし、ワキガの原因になる汗が出ないように「のりで蓋をする」ような感覚で使用しますので、落としたい時には多少苦労します。(落とさないと痒くなってくる可能性があります)

お値段は張りますが、おすすめはデトランスαです。

ワキガ対策に効果的なデオドラントのまとめ

軽度のワキガであれば日本製の安価なものでワキガ対策ができます。

しかし、重度になると効果が持続しないといった不満を感じてしまうでしょう。

中度のワキガや敏感肌など肌が弱くて荒れやすい場合は、脇のケアも可能なクリアネオ・ノアンデなどのワキガクリームがおすすめです。

このように、自分に合うデオドラントがどれなのかは試してみないとわからないので、まずは自分に合ったデオドラントを見つけることから始めてみてください。

目安は、1日もつかどうかです。

10代の人に伝えたいワキガ対策

女子高生

思春期を向かえた多感な時期に、ワキガのニオイを不意に指摘されてしまうと、深く傷ついてしまうかもしれません。

日本人の場合、ワキガ体質を持つ人の割合がおよそ10%と全体的に少数派のため、自分だけがワキガなんじゃないかと、落ち込むこともあるでしょう。

悩み過ぎて手術を考えることもあるかもしれません。

でも待ってください。

日本人のワキガ体質の割合が10%でも、欧米人のワキガ体質の割合は80%以上。

欧米人のほとんどはワキガ体質なのに、ワキガ手術をする人はほとんどいないのです。

かと言って、ワキガ臭をムンムンと漂わせているわけではありません。

欧米では、学校や家庭で徹底したワキガ対策の教育が行われているため、毎日ワキガケアを行い習慣化するようにしているのです。

ワキガは毎日のケアで無臭にすることができます。

20代の人に伝えたいワキガ対策

学生の時は、栄養バランスの考えられた学校給食、体育の授業や通学で歩いたり自転車に乗るなどの運動習慣がある、などと良い生活習慣を送れていたはずです。

ですから、ワキガをはじめとする体臭はそこまできつくなることはなかったはずです。

しかし、社会人になってワキガや体臭がきつくなっていることに気づくことがあるかもしれません。

でも、なぜワキガや体臭がきつくなったのかを理解している人は少ないのではないでしょうか。

食生活・運動習慣の変化は、ワキガのニオイの強弱に影響してきます。

このことは、しっかり理解しておきましょう。

30代~40代の人に伝えたいワキガ対策

体も若い時のように動かなくなり、老化を感じはじめる年代。

何もケアをしないとさらに、ワキガや体臭がきつくなってしまいます。

この年代になると、ワキガ体質ではなくてもワキガ臭が強くなって、ワキガに悩む人が出てきます。

食生活・運動習慣・便秘に気をつけ、ストレスをため込まないようにしましょう。

50代~の人に伝えたいワキガ対策

ワキガは「性ホルモンの分泌」が関係しているため、女性が閉経を迎える年代になるとニオイが軽くなってきます。

しかし、それ以外の加齢臭や疲労臭などのニオイが混ざってしまうと、いつまでも体臭を気にする生活を送らなければなりません。

やはり、食生活・運動・ストレス解消・快便習慣が肝になります。

体臭がきつくなる原因は4つ

ここからは、ワキガをはじめとする体臭がきつくなる原因についてザックリと紹介していきます。

体臭がきつくなる原因は主に以下の4つです。

対策方法も一緒に紹介しますので参考にしてください。

食生活

肉・乳製品などの動物性たんぱく質や脂質の取り過ぎは体臭が悪化する原因になります。

栄養バランスのとれた食生活を心がけましょう。

食前に梅干しを1個食べたり、食事のお供に緑茶を飲むようにすると体臭予防に効果的です。

運動不足

ある程度の運動習慣がないと、老廃物が蓄積されて体の巡りが滞ることで体臭がきつくなることがあります。

特に、老廃物を回収してくれるリンパ管は、血液を循環させる心臓のようなポンプ機能を持たないため、運動などによる刺激を与えないと滞りがちになってしまいます。

おすすめは、週に2~3回程度30分間の早歩きをする・スクワットなどの筋トレを習慣にすることです。

ストレス

ストレスを感じると活性酸素が発生して体内を酸化させます。ストレス過多の状態が続くと体臭がきつくなります。

適度な運動をし、抗酸化作用のある野菜や果物などを積極的に取るようにしましょう。

便秘

便秘で腸内環境が悪化すると、悪臭のもとが血中に取り込まれることで体臭がきつくなります。

便秘はあらゆる面に害を及ぼすので、適度な運動をしたり、乳酸菌を含むヨーグルトを食べたり食物繊維を摂取したりして、極力便秘を放置しないようにしましょう。

以下、関連情報をまとめた記事です。

よろしければ参考にしてください。

ワキガ対策「女性編」意外に多い女性のワキガの特徴

脇 脱毛

女性のワキガ体質の人の場合、脇毛が太く1つの毛穴から数本の毛が生えている、といったように剛毛であるといった特徴があります。

女性で脇毛が生えていることは恥ずかしいことだと感じる人が多いため、男性よりも脇毛の処理をする回数は必然と多くなります。

自己処理で脇毛を無くす1番効果的な方法は、毛抜きや脱毛器で抜くことですが、非常に肌に負担がかかる方法です。

2番目に効果的なのはカミソリで剃る方法ですが、これも皮膚の一部を一緒に剃るため、非常に負担がかかります。

肌をいたわることができるおすすめの自己処理は電気シェーバーを使うことですが、電気シェーバーでは点々と剃り残しが目立つため、効果的ではありません。

脇毛の処理で肌荒れを起こすと、免疫力が落ちて悪い菌が増殖するため、ワキガのニオイが増強する要因になります。

脇毛は、やはり現代人には必要がないものなので真摯に永久脱毛をおすすめします。

女性のワキガ体質の人には、値段が張りますが医療脱毛をおすすめします。

脱毛サロンは安価で脱毛が可能ですが、脇毛がなくなるまでやるとなると長期間に及ぶ可能性があるため、結局高いお金を払うことになりかねません。

要するに、医療脱毛のほうが脱毛効果が高いということです。

脇毛の量・毛の太さには個人差があるので、自分に合った方法を選択してください。

ワキガ対策は市販のスプレーで十分?

制汗スプレー
実は、ほとんどの人がワキガ体質であるアメリカでは、制汗スプレーはわずかしか販売されていません。

圧倒的に、固形のスティックタイプかジェルタイプのほうが多いのです。

対比して、日本人のワキガ体質の割合は10%ほどになります。

ワキガ体質とは、ワキガの原因のあるアポクリン汗腺の数が多かったり大きい体質のことです。

もし、自分がワキガ体質だと自覚するようになったら、制汗スプレーよりも「海外製のデオドラント」に注目してみてください。

ちなみにワキガ体質ではない場合でも、ワキガの独特なニオイは大人なら誰しも少なからず発生します。

ワキガのニオイの元になる汗は、暑い時に出る流れるような汗ではなく、緊張したときなど精神的な要因で発汗する粘り気にある汗です。

発汗した汗を脇に住むワキガ菌が分解した際に出るのがワキガ臭です。

この菌は、ワキガ体質ではない人の脇にはほとんど生息していないため、ワキガ体質ではない人の場合ワキガ臭はほとんどしないのです。

というように、体質によってデオドラントを使い分けることがワキガ対策のポイントになります。

ワキガってうつるの?ドキッとする「うつる」という言葉

びっくり!

「ワキガがうつる」という言葉を見たり聞いたりして、ドキッとした人は多いのではないでしょうか。

結論を先に言いますが、ワキガがうつることはありません。

ワキガとは、生まれ持った体質が大きく影響する「遺伝」や「極端な生活習慣の乱れ」によるもので、親や親族から遺伝していない、もしくは極端に生活習慣が乱れていなければ、ワキガ体質になることはありません。

よって、感染症などのようにうつったりはしません。

しかし、注意点はあります。

それは、洋服の貸し借りや性行為をした時です。

ワキガのニオイは独特で鼻に刺激のあるニオイですが、このニオイが洋服を貸した時や性行為の際に、服や体にうつることはあります。

衣類についたニオイは漂白剤を溶かしたお湯に浸け置きしたあと、すぐに洗濯すればおおかた落ちるでしょう。

体にうつったニオイもお風呂に入って洗い流せば染みつくことはありません。

また、家族がワキガ体質である場合などは、一緒に洗濯すると他の衣類にニオイがうつることがあります。

ワキガのニオイが染みつくととれにくくなってしまうので、ワキガのニオイがついている衣類は、あらかじめ漂白剤を入れたお湯に浸けておくなど余洗いをしてから通常の洗濯をするなど工夫をしましょう。

ワキガ対策には薬用石鹸がおすすめ!殺菌が決め手になる

石鹸

ワキガは、アポクリン汗腺から出る汗をワキガ菌が分解することで発生します。

よって、このどちらかを無くすことでワキガ臭を抑えることができる、ということです。

ワキガ体質に人の脇には、通称ワキガ菌といわれる「ジフテロイド菌」が多く生息しています。

ワキガ菌は非常に繁殖力が強くどこにでもいる菌なので、殺菌してもアポクリン汗腺から出る汗というエサがあればすぐに増殖してしまいます。

この菌は、ワキガ体質ではない人の脇には、ほとんど生息していない菌です。

つまり、この菌を薬用石鹸を使って殺菌することで、ワキガの臭いを一時的に抑制することができるということです。

ワキガ菌は、脇・乳輪・陰部・へそ周り等に多く生息しています。

石鹸を泡立てることで肌への刺激を抑えることができるので、泡立てネット等で泡立てた後、「粘膜を避けて」上記の部分を手で優しく洗って殺菌していきましょう。(泡立てネットは100均で購入できます。)

薬用石鹸は刺激が強いので、部分的に使うことを強くおすすめします。

ちなみに、ワキガ菌に効く有効成分は「イソプロピルメチルフェノール」という殺菌成分です。

購入前には、成分表を確認してみてください。

おすすめは薬用石鹸ミューズです。

HOME